●福山市1
福山市1のイラストマップ
県の東端、県下では広島市に次ぐ大都市。市南部は芦田川河口に開けた福山と松永湾沿いの松永の2地区に分かれる。最近は合併で背後地域にも面積をひろげ45万都市となった。中心は福山で、福山駅の南に市街が広がり、中央大路を境に東側には商店や飲食店がひしめき、西側は官庁街となっている。海岸線は名勝鞆ノ浦を残して埋立が進み、一大工業地帯が形成され、背後の平野では特産のイグサ栽培をはじめとする農業が盛んである。また、松永は全国一の塗下駄の産地である。
福山駅中心に福山城跡。それを取り囲むように新旧色々な施設が目をひく。美術館、博物館、文学館などの文化施設があり、楽しませてくれる。市の中心部には、福山市の花、バラを植えたバラ公園。旧市内の西側には、草戸稲荷、明王院など。これに加え、幻の草戸千軒遺跡がある。
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/
●福山市2
福山市2のイラストマップ
福山市西部は、松永を中心として一つの市街地を形成している。古くから製塩のまち、下駄のまちとして栄えた。今は木材関係の大きな工場や商社が並ぶ、木工を中心としたまちに生まれ変わっている。
主な見所は「日本はきもの博物館」「日本玩具博物館」。前者は、日本でただ一つの履物を扱った施設で大変ユニークである。又、玩具を通じて日本の生活風習の一面を学ぶことができる。松永北部には、本郷温泉がひかえている。
福山市の背後部では、東側から加茂・駅家・新市・芦田と並び、近年の発展はめざましい。加茂の東端は山野の滝で有名な山野町、加茂は井伏鱒二の古里。駅家はビッグローズ(大規模展示館)等を中心に北部都市圏を形成。新市は古くから繊維のまちとして有名。最近合併で編入。芦田は福山市立動物園がある。
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/
●鞆
鞆のイラストマップ
市の南端、沼隈半島の先端に広がる景勝地で、鯛網で名高い。海上には仙酔島を中心に、弁天島・皇后島が浮かび、みごとなその景観は遠く万葉集に詠まれ、また、宮城道雄の名曲”春の海”もここで生まれたといわれる。また、鞆町は古くから内海交通の海の宿駅として賑わっただけに沼名前神社はじめ史跡が多い。
遊覧船…不定期で、バス停鞆ノ浦の前から出る。
【名所】
安国寺
沼名前神社
法宣寺の天蓋松(天然記念物)
対潮楼
仙酔島

近年の町おこしで有名になった「いろは丸展示館」や「中川美術館」など、古きものに混じって輝いている。
●沼隈・田島・横島
沼隈・田島・横島のイラストマップ
沼隈町は鞆と松永に挟まれて半島を形成している。ここの名所は、海では阿伏兎観音、山ではみろくの里。
阿伏兎岬の岩頭上にそびえる朱塗りの観音堂は、独特のたたずまいが有名。正歴年間の建立、子宝観音をまつる。
みろくの里は瀬戸内の自然にたたずむ理想郷をキャッチフレーズに、雄大であたたかさに溢れる。総合レジャーランドを中心に、近代的ホテル、会議場、スポーツ施設、寺院、草原が立ち並ぶ。
内海町は、沼隈半島の沖合い500mの海上に浮かぶ横島と田島の二つの島からなる。一部、瀬戸内海国立公園、県自然環境保全地域に指定され、青い海と緑に囲まれた自然観環境に恵まれた備後圏のレクリエーション地。島の周囲は、魚の宝庫で磯釣りや潮干狩りができ、春には、定置網観光を開催し、海上で生きた魚が食べられて海の幸を満喫できる。夏には、キャンプ・海水浴など家族レジャーの最適地。また、山頂の憩いの森からは、瀬戸の島々を眺めることができ遊具施設でも楽しむ事ができる。
ページトップへ
戻る 次へ
Copyright(c) 2000-2003 bingo e shotengai. All Rights Reserved.