フルーツ王国 アラカルト
りんご
りんご
もも
もも
ぶどう
ぶどう
なし
なし
さくらんぼ
さくらんぼ
はと麦
はと麦
くり
くり
メロン
メロン
いちご
いちご
ぶどう grapes
効用
【ぶどうに発ガン抑制物質】
 ぶどうの糖質である果糖とブドウ糖は、どちらも吸収されやすい即効性のあるエネルギー源。 体力・疲労回復に効果的。
 また、ビタミン・鉄・カリウム・カルシウム等豊富なミネラルが 貧血予防・血圧降下作用・利尿作用等の効果を発揮します。
 これらの作用により、ぶどうは生で食べると、気力を補い、血行をよくし、 水分代謝を促進し、生命力を強くしてくれます。 慢性の病気で体が弱ってきた人、足腰がだるく痛む人等に効果があります。
 最近、ぶどうには「レスベラトロル」という強い発ガン抑制物質が含まれていること(特に皮の部分)が アメリカの研究者によって発見されました。古代から「栄養の源」といわれてきたことに、偽りは無し。
食べごろ
果皮全体に白い粉がふき、果軸が太いものが新鮮。味がよいのは果軸が太く、大房よりも中房が食べごろ。
栄養
 すでに有史以前から栽培され、多くの遺跡などによって語り継がれる人間とぶどうとのはるかな歴史。
 ウナギ登りに上昇した寒暖計が、やがて秋の訪れとともに下降する8月から9月にかけて、 なだらかな斜面に広がる一面のぶどう棚では、太陽の光をいっぱいに浴びた健康なぶどうが、 ひと房ひと房、大切に収穫されています。