フルーツ王国 アラカルト
りんご
りんご
もも
もも
ぶどう
ぶどう
なし
なし
さくらんぼ
さくらんぼ
はと麦
はと麦
くり
くり
メロン
メロン
いちご
いちご
もも peach
効用
<もも効用>
・便秘、冷え症、喉の渇き、美肌
 ももに含まれる食物繊維(ペクチン)は、いわずと知れた便秘予防の必需品。 カリウムも多く含まれ、高血圧の予防になります。
 種の中にある仁は、漢方薬として女性の生理不順、月経痛、更年期障害等に処方され、 つぼみを乾燥させたものは利尿作用があり、葉は肌荒れ、湿しんなどの肌の病気に効果があります。
 まるごと薬効成分では、仙人ご愛用の果物なのもうなずけます。
【主な効能】
血圧を下げる効果が期待できます。
がんの予防に役立つ可能性があります。
男性の生殖機能を向上させる効果が期待できます。
歯ぐきの病気に効果があります。

伝統的な利用法
 中国医学では、モモの柔らかさが胃の急性炎症によく効くと考えられています。 モモは加熱し、ピューレ状にして使います。乾いたせきや肺の乾きにも、モモが使われます。 日ごろからいつも食べていると、肺や腸を湿らせる効果があると考えられています。 生のモモをハップ剤として顔に当てると肌のつやを粉末状にしたものは、 体内循環を良くしたり、潰瘍や子宮筋腫の治療に使われます。

★高血圧
高血圧は自覚症状が無いことが多く、本人が気づいていないことも多いものです。 そして突然、虚血性心疾患や」脳卒中を引き起こすことがあります。 太りすぎを是正し、カリウムの摂取量を増やせば、血圧を下げることにつながります。 生のモモを食べる習慣をつけると、カリウムをしっかり摂ることができます。 モモの季節でないときには、乾燥したものを利用してもいいでしょう。
★がん・虚血性心疾患
モモにはカロチンやフラボノイド、ビタミンCといった抗酸化物質が含まれており、 虚血性心疾患やある種のがんなどを防ぐために重要な役割を果たしています。 日ごろからモモを食べていれば、こうした病気の進行途中のさまざまな段階で 病気がひどくなるのを食い止める効果が発揮される可能性があります。
★男性の不妊症
受精能力が低い男性がビタミンCの摂取量を1日2回のサプリメントで500ミリグラムに増やすと、 症状が改善するという研究結果が出ています。精子の質を総合的に調べた結果、 ビタミンC摂取量を増やし始めてわずか1週間後に精子の数、運動量、寿命に改善が見られました。 自由に泳ぎまわらずに凝集している精子の割合は37%から14%に減り、 4週間後にはわずか11%になりました。モモなどビタミンCに富む食品を日ごろから摂取していると、 体内のビタミンCの量をふやすことができます。
 特に喫煙習慣のある人は、ビタミンCの摂取量が少ないとフリーラジカルによる損傷が飛躍的に増えてしまいます。 ビタミンCを1日250ミリグラム摂取すると、精子の数が増えることがわかっています。 これは、モモをはじめとする果物など各種食品から摂取できる量です。 男性の喫煙者がビタミンCの摂取量を1日250ミリグラムに定めて食べ続けると、 精子の数が24%、精子の運動量が18%増えるという結果が出ています。
★歯ぐきの病気
歯ぐきがぐらぐらしたり、歯ぐきから出血するのは、ビタミンC欠乏の初期症状のひとつです。 ビタミンCの摂取量が正常な人に比べて歯ぐきの病気になる率が3.5倍だという数字が出ています。 中くらいの大きさのモモには、ビタミンCが34ミリグラム近く含まれています。
食べごろ
・赤い部分が濃く、全体にうぶ毛が密生しているものがよい。
・ももの葉は、お風呂に入れるとあせものよい。
栄養
・食物繊維、ナイアシン、カリウム